「 2016年07月 」一覧

NO IMAGE

CentOS7に入れたMariaDBにアクセスする為、phpMyAdminを入れる

ムームードメインで独自ドメインを取得したので、早速wordpressのURL設定も変えようと思いやってみたら何故かwordpressにアクセス不可となる…。 ネットで調べてみたら稀によくある事象らしく、DBの値を変更すれば良いらしい。DBを参照するGUIツールはあって困るものではないので入れておきたい。 とりあえず、phpMyAdminのサイトから最新版を取得する。「download 4.x.x」と書かれたボタンアイコンを右クリックでURLコピーしてwgetコマンドの後に貼り付けて保...

NO IMAGE

CentOS6でRAMディスクを作成してSQLiteDBファイルを配置する

sqlite.dbファイルとか置こうと思い、RAMディスクを作成。 説明しよう。RAMディスクとはメモリ上に作成した保存領域である。HDDと同じようにデータの保存が可能だが、メモリは揮発性なので、当然メモリ 上に作った保存領域も揮発性となり、マシンを落とすと保存領域に入れておいたデータは消えてしまう。RAMディスクのデータは儚い。だけどアクセス速度は HDDとは比べ物にならないくらいクソ速いので、一般的にはテンポラリデータの置き場所とかに使われたりする。テンポラリデータはいきなり消えたとし...

NO IMAGE

CentOS7, Apache2.4でApacheテストページを見せない!ディレクトリ・ファイル一覧も見せない!

余計な情報を出力せず、Apacheのセキュリティを高める Apacheは初期設定だと、テストページが出力される設定になっている。このテストページには、バージョン情報その他が含まれており、サイトを攻撃しようと企む輩に余計な情報を与えてしまう。(※バージョン情報が分かる事で、そのバージョン特有のセキュリティホールを突かれてしまう可能性もある)なので、Apacheに限らないが、余計な情報は極力しない設定にしていく。 Apacheのテストページを出力しない /etc/httpd/conf.d/we...

NO IMAGE

CentOSでダイジェスト認証。お前に見せる画面はねぇ!

Basic認証ではなく、Digest認証を導入する理由 CentOSにて、ドキュメントルート下にDigest認証を設定する。ちょっと前までは簡単に設置出来るBasic認証でええやんと思っていたが、どうやらBasic認証は通信が暗号化されておらず、セキュリティ的によろしくないようだ…知らなかった。となると例えば社内のみからアクセスされるサイトであればBasic認証でも良いと思うが、ワールドワイドで公開されるサイトは、設置が多少面倒だろうとID・パスが暗号化されるDigest認証を選ぶべき。 D...

NO IMAGE

phpinfo();を実行すると、画面真っ白、僕の顔真っ青。

ServersMan@VPSのentryインスタンスを借り、yumでPHP7をインストール。DocumentRoot下にphpinfo.phpを作成、いざブラウザでアクセスしてみたら画面が真っ白…。自称サーバー管理中級者の僕の顔真っ青。どうしてこうなった? 結論から言うと、phpinfo.phpの書き方が悪かった。僕の書いたphpinfo.php。 正しい書き方はこちら。 何が違うかは一目瞭然ではあるが、何が違うかというと、PHPタグの開始タグの書き方。<?の後にphpと...