CentOS6にMySQLをインストール&cakePHP3用に設定

まずは、MySQL用のRPMをインストールする。

5.7バージョンを入れるのであれば編集不要だが、5.6や5.5をインストールしたい場合はrepoファイルの編集を行う。

設定が終わったら、MySQLをインストール

mysqlが自動起動するように設定し、サービスも起動させる。

MySQLの初期設定を行う。(下記は質問一覧)

MySQL5.7の場合は、 /var/log/mysqld.log に初期パスワードが出力されているので、それを参照する。

初期設定を行う。

cakePHP用のデータベースを作成する

cakePHP用のMySQL接続ユーザーを作成する

@localhost – サーバー内からのみの接続を許可する
IDENTIFIED BY – パスワードを設定する

作成した接続ユーザーが接続出来るDBとその権限を指定する

GRANT ALL PRIVILEGES ON - 全ての権限を与える

SELECTだけならGRANT SELECT ONと記述
複数の権限を与える場合は、GRANT SELECT, UPDATE, INSERT, DELETE ONというふうに記述する

終了。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする