CentOS7にSQLite3の最新版をソースからインストールする

yumでsqliteをインストールすると、3.7.17がインストールされる。基本的にはそれでも充分なのだが、最新版が3.16.2(2017/01/18時点)なのを考えると、それなりにバージョンアップを重ねているようなので、出来れば最新版をインストールしたい。という事で手順をまとめた。

SQLiteのトップページには、最新版のリンクがある。最新版でいい場合は「download」を押してダウンロードページへいき、Source Codeの「sqlite-autoconf-xxxxxxx.tar.gz」をダウンロードする。

あとはダウンロードしたtar.gzファイルを解凍してconfigureしてmakeしてmake installすれば完成

バージョン情報を確認して終了

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする