おサイフケータイ楽天Edyアプリで貯めるべきポイント

おサイフケータイの楽天Edyアプリを使うにあたって、まず楽天アカウントを取得しよう。無いと楽天Edyアプリを充分に使いこなせない。リンクは後日貼るが、googleで「楽天 登録」とでも検索すればいい。

次は、携帯はおさいふケータイ対応のAndroidに機種変しよう。iPhoneをお持ちの方は、今すぐ機種変更の手続きを行い、オークションか何かでそのiPhoneを売り飛ばそう。機種変代金くらいにはなる。(追記:2016/07/17 NFCにFelicaが参加する、というニュースを見掛けた。2017年頃らしいので、それまで我慢するのもいいかも知れない)

Androidにしたら、まず楽天Edyアプリを入れよう。Google Playにアクセスだ。これもリンクは後日貼るが、google playで「楽天Edy」と検索すればトップに出てくるはずだ。

インストールが終わったら、アプリを起動。さきほど作った楽天アカウントでログインして、貯めるポイントを選ぶ。

楽天スーパーポイント、ANAマイル、Ponta、Edyでコイン、WALLETポイント、Tポイント、ヨドバシゴールドポイント、ヤマダポイント、エポスポイント、ビックポイント、プレミアムドライバーズカード、マツモトキヨシ、エディオンポイント、ドットマネーとたくさんのサービスの中から選べるが、「他で貯めているポイントがあって、それにまとめたい!」というのが無ければ…

楽天スーパーポイントにすべき!!絶対!!

楽天スーパーポイントも他のポイントサービスも、どちらも200円毎に1ptじゃん?変わらないじゃん?でも何故楽天スーパーポイントを勧めるのか?まず、楽天スーパーポイントを選ぶと、初回に限り400ptが貰える。キャンペーンとタイミングが合えば、700pt貰える事も。他のポイントサービスでは貰えない。

また、ポイント付与の仕組みも、楽天スーパーポイントと他のポイントサービスでは違う。楽天スーパーポイントは月の使用金額の合計を200で割って、ポイント付与するが、他のポイントサービスでは会計毎の金額を200で割ってポイント付与する。これだと月の獲得ポイントに差が出来てしまう。まだ分かりにくいかも知れないので、極端だが例を出す。

・199円商品を1ヶ月、毎日買う場合のpt付与(※除算計算の小数点以下は切捨)

楽天スーパーポイントの場合、(199×30) / 200 = 29pt

他のポイントサービスの場合(199/200) * 30 = 0pt

まぁ実際は全てこういう買い物というのはありえないのだが…使用金額は一緒でも、計算の順番が違う為に、ポイント数に差が生まれてしまうというのは事実なので、1ptでも多く貰う為には楽天スーパーポイント一択なのだ。

管理人は使い始めはTポイントにまとめていたが、楽天スーパーポイントがクレジットカードと同じ月の合計金額からポイントを算出すると知ってから、即切り替えた。何故か400ptはいただけなかった…。

あと、2016年7月9日現在は停止されてしまっているが、楽天スーパーポイントはEdyにチャージ出来る(夏再開予定)。貯めたポイントは無駄なく使えるというのも大きなメリット。(追記:現在、ポイントチャージ復活。恐らくは数カ月前に不正使用された件の対応で停止していたんだろう)

こんな感じで、他のポイントサービスには無い利点があるので、楽天スーパーポイント以外を貯めている方はすぐに設定変更してくれよな!しなくてもいいけど!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする