Steamで買ったLife Is StrangeをIntel HD 4000でプレイ

先日のSteamサマーセールで、前から狙っていた「Life Is Strange」を定価の半額で購入。

■紹介ページのシステム要件(要約)

CPU:Dual Core 2.0Ghz

メモリ:2GB以上

GPU:512MB RAM 以上 (Intel HD グラフィックカード非推奨)

ちなみにマイゲーミング(?)PCのスペック

筐体:BRIX

CPU:Core i7

メモリ:メモリ16GB

GPU:Intel HD 4000

CPU、メモリは必要充分だが、GPUが全くもって要件を満たしていないどころか推奨しないなどと名指して書かれているBRIXの事をご存知の方はいらっしゃると思うが、GPUの増設は不可。そもそも増設の事を少しでも考えている人はこんなの買わない。さてどうしたもんかとちょっとだけ悩んだが、家庭用据置ゲーム機を持ってなくてもソフトを買っている(PS4とかXBoxOneとか)という頭おかしい性格をしている僕にはその注意文はブレーキにならない。今出来なくてもいつかPCを新調した時にやれば良いだろ…的な精神で欲しいと思ったソフトがセールしていれば買う。お陰で未プレイのゲームソフトは20本を超える。

買ったのはいいが、どうせ出来ないだろうとしばらく放置していたが、我慢できなくなったので駄目元で起動させてもると、設定を下げれば快適に(設定を下げた状態が快適かという話はさておき)プレイできるようだ。

同じくこのソフトをプレイしたいけど、GPUが貧弱なせいで躊躇っている人の助けになればと思う。(※Intel HDグラフィックカード非推奨(動かないとは言っていない))

僕がプレイした設定はこんな感じ!

描画品質:低
画像解像度:1360 x 768
表示モード:全画面
垂直同期:ON
アンチエイリアス処理(MSAA):OFF
アンチエイリアス処理(FXAA):OFF
詳細度:低
テクスチャ品質:低
エフェクト品質:低
シャドウ品質:低

一通りプレイしたが、一度たりとも処理がカクつく事は無かった。Steamの嘘つき!Intel HDグラフィックカードの非推奨文を消してよ!

このゲームの良さを語れば語るほどネタバレになるので、詳しくは語らない。ただ、ちょっとでも気になっていれば、すぐ買ってプレイすべき。あとどうでもいいけど、購入前は「主人公があまり可愛くないな…」と失礼な事を考えていたが、プレイしていくに従いどんどん可愛く見えてくる。というか可愛くね?可愛い!マックス可愛いよマックス。ってなった不思議。でもケイトが一番だな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする