沖縄県民がAmazonプライム会員になるという事について

管理人はAmazonマスターカードゴールドの特典で自動的にAmazonプライム会員となっているが、そうではない沖縄県民が年3900円も支払ってAmazonプライム会員に加入するメリットがあるのかどうか考察する。

他都道府県民プライム会員との比較

とりあえずプライム会員になると得られるサービスを列挙する。

  1. 当日お急ぎ便無料
  2. お急ぎ便無料
  3. お届け日時指定無料
  4. prime now利用可能(注文から1時間以内に配達)
  5. プライムセール(プライム会員優遇)
  6. オーナーライブラリ (kindle本が月一冊無料で読める。貰える訳ではない)
  7. プライムビデオ
  8. プライムフォト
  9. プライムミュージック
  10. Amazonパントリーか利用可能
  11. Audibleが3ヶ月間お試し可能(一般会員は1ヶ月)
  12. プライム会員限定割引価格(Kindle, Kindle Paperwhite, Fireタブレット等)
  13. 特別取扱商品手数料が無料(飲み物のケース等重い物は+350円の手数料を取られるが、会員は無料)
  14. 定期おトク便の割引(一般会員最大10%、会員最大15%)
  15. Amazon取扱商品の送料無料(※一般会員、注文合計2000円以上…ただ、送料無料には例外あり)

Amazonでの買い物を割とする方なら、プライム会員になるメリットはすさまじい。絶対に加入するべきだと断言出来る。…のだが、沖縄県民の場合はちょっと事情が変わる。

上のリスト、赤太字とそうでない部分で分けているが、沖縄県民が利用出来るサービスは赤文字だけ。一番利用するであろうお急ぎ便、お届け日時指定便が使えない気持ち的には、沖縄県民プライム会員は他都道府県民プライム会員と比べてひどい扱いなんだから、ちょっとは安くしろよと言いたくもなる。

まぁ東京に住む姪のプレゼントをAmazonで買って送った事があるが、普通にお急ぎ便や時間指定が使えたので、沖縄県民プライム会員を差別している訳じゃなく、沖縄への荷物発送は海を渡る確率100%で、配送会社的にはAmazonからいただける手数料では赤字となってしまうので、契約で対象外としているのだろう。それで納得出来るかどうかは別なのだが。

Amazonパントリーでは買い物すら出来ない。プライム会員のみ使えるという触れ込みなのに、一般会員と同じ扱いという酷さ。まぁこれも沖縄への荷物発送では使えませんというだけなので、他都道府県宛であれば普通に使える。でもざっと見た感じ、スーパーの方が安いのでそこまでメリット無いかな…サ○エーもネットスーパーしてて配達してくれるから、そっちで良いんじゃないのって感じ。

早いけど結論

赤文字のサービスに、年3900円(月320円ちょい)以上の価値を見出せれば、沖縄県民だろうとプライム会員になる価値がある。

  • 本をよく読む方ならオーナーライブラリ
  • 映画や音楽好きなら他サービスと比べて数は劣っても圧倒的な値段の安さのプライムフォト・ミュージック
  • 一眼レフで高画質画像を撮りまくってる人は容量無制限かつ安全にデータを保管できるプライムフォト
  • サ○エーやり○ぼうで飲み物をケース単位で買って持って帰るのに辟易している人は特別取扱手数料無料

という風に自分なりにメリットを見出そう。他にはは他都道府県に進学した子供の為に定期的に仕送りするからとか?

全くメリットが思い付かなければ不要。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする