20160719 adsenseで承認されない「不十分なコンテンツ」の対応

内容的には技術ブログに書くべきではと思ったが、既に沖縄ブログで書いてしまっているので、ここに書く。落ちた時の記事は下記。

1.ページで十分なテキストを使用してください。

記事の文字数を増やす

他のサイトでは、1記事は500文字くらいで良いとか、1000文字は無いと駄目だとか情報が錯綜している。こういう時は最大値を取るのが日本人なので、1記事は最低1000文字を最低ラインとし、それを超えていない場合は加筆し、内容を濃くする。

リンク集になってしまっているページを改善

googleのアドセンスフォーラムを覗いてみたら、同じくAdsense審査に落ちて助けを求めている方のトピックがあり、コメントに「リンク集になってしまっているページは改善または削除が必要」(意訳)コメントがあった。
トップページにはブログへのリンクとお問い合わせ、サイト管理者情報しか載っておらず、もしかしたらリンク集扱いされている可能性が。とりあえず技術ブログと沖縄ブログの新着RSSをトップページに表示するように変更。
Google グループでは、オンライン フォーラムやメール ベースのグループを作成したり、こうしたフォーラムやグループに参加したりすることで、大勢のユーザーと情報の共有やディスカッションを行うことができます。

これでも足りない可能性はあるが、今は思い付かないので、次落ちた時に考える事にする。

ページがきちんとインデックスされているか確認

そもそもサイトがきちんとインデックスされてないと審査申請しても仕方ないようだ。
インデックスされているかの確認は、ドメインの頭に「site:」を付けてアドレスバーに入れると良い。
vps-okinawa-blog.net だと「site:www.vps-okinawa-blog.net」になる。やってみると、技術ブログ・沖縄ブログの記事、それぞれ半分もインデックスされていなかった…こんなんで審査通ろうと思った自分が恥ずかしい。とりあえずインデックスしてもらわないといけない。方法は、search console の Fetch as Google にて行う。(search consoleのキャプチャはブログに貼ってOKなのか確認し、後日加筆)手順は
  • Fetch as Google で、インデックスさせたいアドレスを入力し、「取得してレンダリング」を押す
  • レンダリングは多少時間がかかるので、待つ
  • レンダリングされたら、「>>」を押して、googlebotと訪問者が同じように見えているのを確認
  • 前のページに戻り、「インデックスに送信」ボタンを押す
  • botでないか確認するウィンドウが出るので、メッセージを読み当てはまる画像を選び、送信

時間はかかったが、全てのページを送信したらインデックス数は1.5倍になった。やったぜ。

単一URLは月500回申請出来るようだ。個人でも500回って、まず使い切れない。googleは太っ腹。

2.ウェブサイトは、AdSense にお申し込みいただく前に作成を終え、公開した状態にしておいてください。

ドキュメントルートにrobots.txtとsitemap.xmlを置いていなかったので設置

管理画面等にはダイジェスト認証がある為、robots.txt できちんとDisallowとして記述しておく。sitemap.xmlの場所もしっかり記述。wordpressの擬似XMLファイルのアドレスもしっかり入れておく。

正直この対応が審査に影響するのかどうかだけど、robots.txtとsitemap.xmlがあればgoogleもインデックスしやすくなるだろうし、やっておいて損はない。

3.ユーザーがウェブサイトのすべてのセクションやページを簡単に見つけられるよう、わかりやすいナビゲーションを提供してください。

言葉の通りだろうが、とりあえず全てのページにはきちんとナビが付いている。これでも問題あるのだろうか…?

一応、ブログからでもサイト管理者情報にアクセスできるよう、メニューにリンクを追加。

あとは数記事書いてから、もう一度申請してみようと思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする