G-Callが固定電話への番号通知に対応

G-Callから【頭に「00323200」を付けて発信すれば、固定電話への番号通知が可能になりますよ】というメールが届いた。

今までは、G-Callは頭に0063を付けて発信すれば、30秒10円(非課税)で通話が出来て、携帯電話へは番号通知、NTT固定電話には番号通知が出来ない仕組みだった。

何故、楽天でんわでは固定電話にも番号通知が出来るのに、G-Callでは出来ないのか?

気になったので調べてみた。あまりにも難しい話をメモっても絶対に自分では読み返さないので、簡単に。

その答えは、G-Callは「国際回線網」を利用している為(※消費税が非課税なのはこれが理由。「国際」なので日本の税制は適応されない)

それじゃあなぜ「国際回線網」を利用していたらNTT固定電話への番号通知が出来ないのか?という疑問が湧くが、これまた簡単に書くと、「NTTは発信者番号表示の偽装防止対策」をしているらしく、偽装の可能性のある番号を通知しない。国内であれば偽装対策は済んでいる(らしい)が、海外ではNTTの手が回っておらず、偽装の可能性を排除出来ないので、番号通知をしない、という事なのだろう。ちなみに楽天でんわは「国内電話網」を利用していて、先程も書いたように国内では「偽装対策」は済んでいるので、問題なく番号通知される(※国内なので、当然消費税が課税される)。なるほど。

00323200プレフィックス番号の気になる通話料

固定電話宛が30秒9.5円(税別)、携帯電話宛が30秒11円(税別)。番号通知が可能になったという事は、当然消費税も課税される事になっているようだ

しかし何という中途半端な料金だろう。固定電話宛は楽天でんわよりは安いが、携帯電話宛は楽天でんわより高い。0063プレフィックスの「消費税が付与されないので楽天でんわよりお得ですよ、でも固定電話へは番号通知出来ませんけど」の方が、メリットデメリットが分かりやすくて良かった。ただ、G-Callアプリが「固定電話宛なら00323200を、携帯電話宛なら0063を」という風に自動的に判別して付与してくれるようになれば、それなりの需要があるかもしれない。

ちなみにG-Callアプリは自動的に判別して付与どころかまだ00323200発信は未対応。メールではそれまではお手数ですが、手入力かスマホ/携帯の電話帳に00323200を頭に付けた相手先番号を追加登録してご利用ください。などと書いてあるが、そんな面倒な事をするくらいならアプリ対応するまで待った方が良いと思う(9月頃対応予定だそう)

今すぐ使いたい場合は、「プレフィックスアプリ」を利用しよう

「頭に任意のプレフィックス番号を付与出来る」アプリを利用すれば、電話帳に00323200を追加した番号を登録するなんて面倒くさい事をする必要もない。

iOSであれば、無料なら「Biz Prefix」、お金を払っても良いのであれば「ContactEdit」あたりで良いのではないか。Androidなら、「MultiPrefixer」で充分。ちなみに管理人は「0063plus」を使っている。何故それを勧めないのかと言われれば、有料だし、自分が買った時はプレフィックスアプリにあまり選択肢がなくて、日本語対応だったから。

今なら無料アプリで充分だろうし、ここで名前が出たアプリ以外でも良さそうなのがあったので、探してみたらどうだろうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする